ポジション移動したときの左手のフォームについて【クラシックギターレッスン】

今回は久々に

クラシックギターポイントレッスン動画です。

皆さまは

横のポジション移動が多いフレーズを弾くときに、

つながらなかったり、リズムが遅れたり、

なかなかうまく弾けないなぁと感じていませんか?

このようになってしまう原因は

移動したときに指が適切な位置に来ていない、フォームが変わってしまっていることが多いです。

そんな時、どのようなことを意識してポジション移動すれば良いのかを解説しました。

テーマは⬇️

【ポジション移動したときの左手のフォームについて】

今回の動画を見て意識して試していくことで、

ポイント移動が激しい曲でもスムーズに弾けるようになる

と思いますので、

どうぞ最後までご覧ください。

宜しかったらチャンネル登録と高評価で応援して下さったら、モチベーションが上がります♪

テンポが速くなっても

これらの事を意識して

移動先へ素早くポジションをとる形や準備が出来ることで、

ゆっくりなテンポで安定するのは勿論のこと、

ヴィラロボスのエチュード2番などの

高速フレーズなどもゆっくり弾くのと同じような感覚で

弾けるようになると思います。

僕自身は指自体が速く動く方では無いので、こういった準備や工夫で攻略してきました。

是非普段から意識してみて下さいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です