ドラゴンクエストのテーマをクラシックギターソロで「街の人々」

ドラゴンクエストより「街の人々」クラシックギターソロのYouTube動画更新です▼

今回は試しに演奏の後に、この曲をきれいに弾くためのコツを解説しました。

ゲームの曲だけでなく

クラシックギターのどんな曲にも応用出来るポイントです。

ドラクエの曲はクラシカルな曲調なのでクラシックギターで弾くと、

まるで古典の小品曲のような響きになってとても魅力的ですね。

使用した楽譜はこちらです。

ポイントは大まかに2つ

さてこの曲のきれいに行くためのポイント主に2

  1. 音の長さを保つためのテクニック
  2. スタッカートで歯切れの良さを出すテクニック

音の長さを保つためのテクニックとしてバレーの変わった使い方

この曲ではバレーコードの少し変わったフォームを使います。

ベース(6弦)の音の長さ音価を保ちながら、メロディーの開放弦を弾くために1弦を浮かす。

人差し指は6弦を抑えながら、1弦腹の部分は離したり押さえたり自由に切り替えるように。

言葉だと分かりにくいので動画をみて下さいね。

このやり方はクラシックギターではよく出てきますし、

カルリやジュリアーニなど古典の曲でもよく使います。

各声部メロディーやベースの音の長さを保つことで

まるで二重奏で弾いているかのような効果をソロギターで表現することができます。

スタッカートで歯切れの良さを出すテクニック

この曲の中間部ではスタッカートで歯切れの良いリズムを引き出すのがポイントです。

ここの部分でリズムを吐き出すことでその前のなめらかなメロディーとの対比ができますね。

スタッカートをつけるためには2つの方法があります。

右手では弦に乗せて止める

左手では弦から指を浮かせて止める

動画でも弾いてますので確認してくださいね。

音を短くしたり長くしたり、自分でコントロール出来るようになります。

スポンサードサーチ

今回のポイントクラシックギターのオリジナルでも使われます

今回はクラシックギターのオリジナル曲ではなくアレンジされたドラクエの曲でしたが、

今回紹介したポイントはクラシックギターの独奏を演奏する上で、

古典から現代までよく使われるテクニック意識するようなポイントになります

是非取り入れてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です