弦を引張らないようにする右手のタッチの仕方【クラシックギターレッスン】

今回のテーマは弦を引張らないようにする右手のタッチの仕方

腕を上に引張って弾かないように

指をコントロールする力を高める練習方法を動画で解説しました。

チャンネル登録、高評価で応援いただけたら励みになります。

右手弾くにはついつい腕をつかって上に引張って弾いてしまう生徒さんは多いです。

特に和音を引くときには、細くパチパチした音になりやすいですよね。

なのでそんな音にないようにするために、

指のコントロールが必要になってきます。

そこで今回の練習を続けて

指を独立するための動きを身に付けていきましょう。

今回の練習での注意点は

右手のフォームを固定するために乗せている指に力を入れないことです。

どうぞ動画をお楽しみ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です