今年こそ憧れの曲を弾けるようにするために「練習の習慣化」を身につける 【クラシックギターやウクレレの練習】

2020年一発目のレッスン動画は

レベルアップして目標達成に近づくための誰でも「簡単に実践できる事」をテーマにお話ししたいと思います。

チャンネル登録、いいねもポチっと忘れずお願いします♪

今年のレッスンもぼちぼちスタートしましたが、皆様は今年の目標はできましたか?

今年こそはこんな曲が弾けるようになりたい、こんなテクニックを身につけたいと言う目標があると思います。

目標を達成するためには、

レッスンを受けるだけでは足りません。

当然日々の練習が必要になってきます。

とは言え時間がなかったり日々の仕事に追われて疲れていたりと練習時間が取れず、毎日の練習が習慣になってない方もいると思います。

と言うことで、

そんな方に向けて、

ある簡単な事を意識するだけで

練習習慣を身につけられる方法をご紹介します

これを意識すれば習慣化しやすくなります

それは

練習の達成目標を出来る限りハードルを下げて簡単にするということです

アホらしいと思うほど

こんなのでいいのかなぁと思う位の

ところからスタートする事が大切です。

毎日の練習が習慣になっていない人でしたら、

例えば音を1を鳴らすとか、楽器を構えるとかもいいですね。1分弾くとか。

どんなに疲れていてもできる目標がいいです。

それができたらひとまず練習完了、

今日は出来たと思えるように、できるだけハードル下げて、

絶対できる達成目標を自分で決めて続けられるようにします。

人間の脳は、新しいことややったことない事をしようとすると、辞めさせようと抵抗する力が働きます。

なのでできるだけハードルを下げて簡単にして、抵抗力を少なくして続けていくことで、脳をだましていきます。

スポンサードサーチ

「今日できた」という達成感が何より大切

習慣のために何より大切なのは

「今日できた」という達成感です。

その感覚により自己効力感が高まり、それがまた習慣につながる、という相乗効果が生まれます。

話はそれますがこの自己効力感を高まることで

前向きな気持ちになったり、

何かにチャレンジしようと言う気持ちが湧いてくるようになります。

なのでより演奏の上達につながってくると思います。

話を戻して

続かない人は‥

練習と言ったら色々やらなきゃいけない、今日から3時間毎日弾くとか

いきなり考えてしまうんですね。

最初は良いのですがだんだんとやる気なくなってきて、続かなくなっちゃうという感じです。

続かなくなると達成感がなくなって、

あー自分はできないんだなぁと言う気持ちになってしまいます。

習慣化には何よりも達成感が大事なのですから

楽器を構えるだけと決めた人だったら、構えただけで練習終わり、完了と思うようにして、それを続けていきます。

だんだんと抵抗がなくなってきて慣れてくると、触ってるうちに、もう1音、1フレーズ、1曲、弾きたいって言う気持ちが出てくると思うのでそしたらこちらもですね。

20秒ルールでさらに習慣化が促進

さらに付けくわえると言うと

楽器を構えるまでの手間を20秒短くすると、より習慣にしやすくなります。

できるだけ楽器を触るまでの時間を20秒短くするようにします。

例えばケースを奥のほうにしまうのではなくいつでも手に取れるような状況に置いたり、近くのスタンドにかけておくのもいいですね

この20秒と言う時間、

20秒ルールといいまして、

「習慣にしたい事を行う手間を20秒短くすることで、より習慣に繋がりやすくなる」

というテクニックです。

余談ですが習慣にしたくない辞めたい事は20秒かかる手間を増やすといいです。

スマホ触りたくなかったら隣の部屋に置いたり

お菓子の間食をやめたければ、すぐ手に取れるテーブルには置かず、棚の奥にしまうとかですね。

習慣化できて毎日の練習に抵抗がなくなってきたら、

練習内容等少し変化をつけてモチベーションを高めていけばいいと思います。

レッスンなのではこのあたりをアドバイスしてあげたりしますね。

内容をまとめると

1、目標達成には日々の練習は欠かせない

2、練習の目標達成のハードルを出来るだけ低くして習慣化する。

3、楽器を構えるまでの手間を20秒短くする

これはギターやウクレレや楽器に限らず、

自分が習慣化したいこと全てに応用できるのでぜひ試してみてください。

ということで、今回は以上です。

練習の習慣化を身につけて、今年1年自分の弾きたい曲や目標に向かって頑張っていきましょう。

それでは今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です