ビブラートをかけて甘美な音楽を奏でよう クラシックギターレッスン

今回はビブラートについての動画です。

ビブラートの掛け方を解説しております。

ビブラートを上手く使えるようになると

  1. メロディを歌うように響かせられる

  1. 音を強調して目立たせる

  1. 減衰していく音にかけると、命を吹き返したようにフワッと響かせる

なんてことが可能です。

  • レッスンで生徒さんは

  • 生徒さんは指だけでかけてしまうことが原因で、

    揺れ方の速度や音程の幅が一定にならず

    綺麗に響きませんでした。

    そこで、

    今回はビブラートの基本的なやり方と、練習方法を紹介していきたいと思います。

    スポンサードサーチ

    ビブラートのやり方と練習方法について

    まずやり方の前にビブラートの原理を軽く解説していきます。

    もとの押さえたところを基準に、

    • 左に引っ張ると音程が高くなる
    • 右に引っ張ると音程が低くなる

    この性質を生かして音程を変化させてヴィブラートをかけていきます。

    一つ一つの動きを丁寧に行い動きを覚えることからスタートです。

    押さえる指は固定しつつ、

    腕を使って左右に動かせるようになると安定して揺らすことが出来ます。

    この時に

    親指に力を入れすぎないように気をつけましゎう。

    何なら親指をネックから離すと、以外とやりやすいです。

    やり方がわかったら揺れ方の速度や音程の幅、この2つをコントロールする練習をしていきます。

    ビブラートの速度と音程の幅をコントロールする練習は

    先程のやり方をもとに、

    左右の動く距離を同じにして音程の幅を一定にしていきます。

    (幅が一定でないと綺麗に揺れて聴こえませんね)

    次はスピードです。

    動き自体に慣れてきたら、リズムを付けて練習していきます。

    メトロノームに合わせながらリズムをつけて揺らす練習をしましょう。

    動画のように

    4分→8分→16分

    のような感じで、様々な速さで一定にゆらせるようにしていきます。

    この練習でテクニックを磨つつ、実際曲で使って試してみてください

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です