「タンゴ・アン・スカイ」pimの高速アルペジオについて クラシックギターレッスン

以前の動画ですが、

今の所僕のYouTubeの動画でこちらが一番人気のようです。

「タンゴ・アン・スカイ」pimの高速アルペジオについてです。

一見テクニカルに見えるフレーズも分解してみると意外とシンプルで、整理しやすくなって理解出来たということがあると思います。

クラシックギターは右手も左手も複雑なので、左右別々に考えて練習するのは大切です。

この曲に限らず、

アルペジオやスケールなど、頑張ってもなかなか上手く弾けないなぁ、

とお悩みの方は左右別に考えてみると意外とスラーっと弾けるようなるかもしれないので試してみて下さい。

「タンゴ・アン・スカイ」pimのフレーズでは

アルペジオのプランティング、準備もコツなので、合わせてこちらの動画もご覧頂くと理解が深まると思いますのでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です