ドラゴンクエスト「癒しの曲集」4選【クラシックギターソロ】

新野
今回はドラゴンクエストのゆったりとした曲調

「癒しの曲集」としてクラシックギターソロで4曲お届けします。

ゆったりとした癒しのドラクエ曲

【演奏】と【各曲ごとポイント解説と対応するレッスン動画】をまとめました▼

チャンネル登録、高評価で応援いただけたら励みになります。

クラシックギターに馴染みの無いかたにも興味を持って頂けたら嬉しいです。

YouTubeの概要欄のタイムスタンプでスキップ出来るのでご利用ください♪

動画の流れ
【各曲ごとポイントと対応するレッスン動画】

1:42 おおぞらをとぶ解説

2:28 アレフガルドにて解説

3:25 トゥーラの舞解説

4:12 失われた世界解説

【演奏】

4:36 おおぞらをとぶ

7:16 アレフガルドにて

8:41 トゥーラの舞

10:19 失われた世界

12:40 おまけ

なお使用した楽譜はこちらです。

是非皆さまも弾いて楽しんでみてくださいね。

各曲の解説と対応するレッスン動画

1曲目は「おおぞらをとぶ」

これはドラゴンクエスト3・8・11で使われている曲です。

ラーミアのテーマとして幻想的なメロディが印象的な曲ですね。

ドラクエファンの方には一番この曲が好き!!という方もいらっしゃると思います。

そんな思い出深い曲にラーミアのイメージが浮かんできてくれたら幸いです。

演奏ポイントは
メロディが途切れないように一つ一つの音の長さを保ちながら弾く

ということを意識したいです。

その音の長さを保つためには左手の独立した動きが大切です。

また和音を弾くときに弦を引っぱってしまわないよう気を付けます。

▼左手の独立

▼弦を引っ張らない

2曲目は「アレフガルドにて」

これもドラゴンクエスト3のテーマ曲です。

この曲はドラクエ1の「広野を行く」のアレンジ曲。

ゲームの世界観のつながりを音楽でも表してるのなんて、、すぎやまこういち氏は神ですね。

演奏ポイントは
アルペジオの中でメロディを引き立たせる。

メロディを強調し、伴奏は優しくする音量バランスがとれるようコントロールが大切です。

これはクラシックギターの名曲

「禁じられた遊び」でも同じことが言えます

このコントロールに関しては

「プランティング」

指を弦に準備することで音量のコントロールがしやすくなります。

▼プランティングについて

▼禁じられた遊びの右手のコントロールについて

3曲目はドラクエ7より「トゥーラの舞」

個人的には

ドラクエ7は全体的にその世界観から、暗い曲というのがすごく印象に残ってます。

「トゥーラの舞」もすごく哀愁漂って楽曲として美しい曲。

ゲームの中では衝撃的な展開と関わっています。プレイヤーは呆然としたのではないでしょうか(笑)

そんな切ない想いとギターの音がマッチしている曲です。

演奏ポイントは
「トリル」

スラーのハンマリングとプリングを連続する動きを正確に行うことが必須です。

各レッスン動画をご覧ください

▼ハンマリングについて

▼プリングについて

4曲目もドラゴンクエスト7から「失われた世界」

フィールドで流れる美しい曲。

これも全体的に暗い曲調ですが、

クラシックギターの音色と合わさると哀愁たっぷりで魅力的な作品になってます。

演奏ポイントは
これまで三つの曲で紹介したテクニックを全て使っていますので、そちらを確認していただけたらと思います
新野
いかかでしたか?

ドラクエを曲を通して多くの方にクラシックギターの魅力が伝わってくれたら何より嬉しいです。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です