11.16東京八重洲ホールにてクラシックギターマチネ

11/16(土)のリサイタルは

いよいよ開催は明日になりました!

そこで、プログラムにもある曲の演奏をご紹介します。

ディアベリのソナタ3番より2楽章

クラシックギターの隠れた名曲

ディアベリのソナタ3番より2楽章をアップしました

荘厳で暖かな雰囲気のある大好きな曲。

11/16(土)のマチネでは↓

tiget.net/events/66526

全楽章演奏いたします♪是非ご来場下さい。

さらに以前アップした2曲、これも演奏するのでご紹介します。

「11月のある日」ブローウェル

「11月のある日」はウンベルト・ソラス監督のキューバの同名の映画(1972)のために作曲され、後に作曲家自身によってギター独奏曲に編曲されました。

叙情的で優しく親しみやすい小品で、ブローウェルの中で人気のある曲。

「2つのワルツ」シューベルト/藤井眞吾編

ラストワルツ(F.シューベルト/藤井眞吾編)

Letzte Walzer D.146 Op.127-18(F.Schubert/Arr. S.Fujii)

別れのワルツ(F.シューベルト/藤井眞吾編)

Trauer Walzer D.365 Op.9-2(F.Schubert/Arr. S.Fujii)

藤井眞吾氏の編曲によるもので、まるでギターのオリジナル曲のように美しく響いて魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です