マチネの終わりに

「マチネの終わりに」見てきました。

matinee-movie.jp

クラシックギタリストが主人公の物語で

なおかつその役が福山雅治さんということもあり、

クラシックギターがかつてないほど盛り上がっていますね。

これを機にクラシックギターが好きになる人が増えるいいですよね。

クラシックギターの音色が多くの方、馴染みの無い方に届くというのは、何よりも嬉しいことです。

福山雅治さん自身が演奏している曲も

映画の全編にクラシックギターが使われているのも興奮するし、福山雅治さんが弾いている姿も本当に格好良かったです。

バリオス作曲の「大聖堂」

この映画のテーマ曲である「幸福の硬貨」

は福山さん自身で弾いているというから驚きです。

切なさと葛藤とクラシックギターの音色、そして美しい街の景色が合わさってグッと引き込まれました。

また、会場のお客さん全員が息を飲むような静寂がまた心地よい。

台詞回しも印象的なものが多いですね。

ギタリストならではの細かい表現も楽しめました

ネタバレにならないように内容は伏せますが、細かい描写やセリフも楽しめました。

・タクシーから降りて荷物を下ろしてもらう際に、楽器だけは自分で持って下ろしたり

・ギターを練習する姿に「遊んでる〜」のように言われたり

・料理が好きだったり

とクラシックギタリストにとっては、思わずクスりと笑ってしまいました(笑)

スポンサードサーチ

現代ギターでは

今月号の現代ギターは福山雅治さんが表紙でゲットしましあ。過去最高の華やかさですね

そしてこの映画をキッカケにクラシックギターに興味を持つ方が増えたら最高ですよね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です